会社方針

代表挨拶


社長



 株式会社エクシオビジネスは、2003年7月にエクシオグループ各社の経理・給与計算・研修・福利厚生業務等の事務部門のアウトソーシング会社として発足し、グループ全体の効率化を目指した事業展開をしております。弊社はグループ全体の継続的発展のため、グループ各社のコスト削減の徹底と共通業務レベルの向上に寄与し、多様化・高度化するグループ事業経営に応えるべく、シェアードサービス会社としてのサービスレベルの向上に努めております。

 エクシオグループを取り巻く事業環境は大きく急速に変化し、IoT(Internet of Things:すべてのものがインターネットでつながる)、DX(Digital Transformation:デジタル技術で事業構造を改革)の活用・体制が進められています。弊社もこれまで培ってきた間接業務に関するプロフェッショナル集団としての専門知識、経験とノウハウを活かし、より高品質で付加価値の高いサービスの提供ができるよう、エクシオグループ一体となってスキルの向上、人材の育成に取り組んでまいります。

エクシオビジネスでは、毎年社員満足度調を実施し、社員の声を職場環境の改善反映しております。フレックスタイム制やテレワークの導入、公的資格の取得支援等により社員がはつらつとして働ける職場を目指しております。


 






エクシオグループ理念

 

「技術力を培う」「豊かさを求める」「社会に貢献する」というグループ理念は、
「エクシオグループは何のために存在するか」という社会的な存在目的を明らかにしたものです。

 エクシオグループの最大の存在基盤は、技術力です。
どのように時代が変わっても、常により優れた技術、一歩進んだ技術を追い求め、
それを自分たちのものにしていく企業集団を目ざしています。

そして、培った技術力は、人々のより豊かな生活環境をつくりだすために発揮されることが必要です。
このことを通じて、社会により大きな貢献を果たし、
社会から価値のある存在として認められる企業であり続けたいと考えています。